フリーランスエンジニアになる最適なタイミングはあるのか?

フリーランスエンジニアになるタイミングっていつが良いの?

こう思われている方は、フリーランスエンジニアに興味があるのでしょう。


そしておそらくフリーランスエンジニアとして働ける技術を身につけたから、こう思うようになったのではないでしょうか?

まさにそれが成るべきタイミングです!

なりたいと思った時になるべきです!

つまり明確なタイミングは存在しません。

その時にフリーランスエンジニアならなければ、人によってはなるタイミングを失いますし、なるのを先延ばしにすれば、「あの時になっておけば、、、」と後悔する事もあるでしょう。

フリーランスエンジニアとして働けるだけの技術があり、興味があるのであれば「」なるべきです

今回はフリーランスエンジニアになるべきタイミングで悩まれている方向けに、よく目にする「こういう時はフリーランスエンジニアになるべきタイミングではない」という内容が、そんなことはないというのをお伝えします。

貯金がない

貯金がないけどフリーランスエンジニアになる!

全然問題ありません。

今では先払いサービスも出てきており、資金繰りに悩んでいるのであれば先に報酬をもらう事もできます。先払いによる手数料等発生する可能性はあると思いますのでそこは注意してください。

もちろん貯金が有る方が良いのは当然です。

ただ貯金が無くてもフリーランスエンジニアとしてやって行ける環境が整っているので、貯金の有無がフリーランスエンジニアになるタイミングに影響はしません。

経験が少ない

よく見る案件では、何かしらの開発経験を3年以上求めているケースが多く見受けられますので、理想を言えば、経験はある程度ある方が良いでしょう。

しかし、エンジニア経験1年でも参画できる現場もありますし、さらには独学でもOKという現場もあります。
特に若い方なら可能性は高いです。年齢が上がるとより経験は求められる印象ではありますね。

昨今はどの企業もITエンジニア不足で悩んでいるので、ある程度若い方であれば経験が少なくても問題はないでしょう。ですので、条件付きですが経験がなくてもなれないことはありません!

人脈がない

人脈がなくてもフリーランスエンジニアは問題なくなれます。

なぜなら今ではフリーランスエンジニア向けのエージェント企業が多くあるので案件を獲得することは容易にできます。

またフリーランスエンジニアになってからでも人脈は作れますし、同じフリーランスエンジニアのつながりを増やすのであればフリーランスエンジニアになってからの方が簡単かもしれません。

フリーランスエンジニアになるタイミングでは、人脈はなくても構わないですが、なった後は積極的に人脈を作りましょう。

フリーランスエージェントで案件を紹介してもらうことは、収入の低下に繋がるのでいづれは人脈経由で案件を紹介してもらう環境を作ることをおすすめします。

それでもフリーランスエンジニアになるかどうか迷うなら

今では副業が解禁されている企業も多くあります。
もし今の所属企業で副業がOKであれば、ためしに副業という形で案件に携わってみるのも良いでしょう。

クラウドソーシングサイトを活用すれば簡単に案件が見つけられます。

まずはそれを経験し、実際に案件に携わってみてこれであれば継続してやっていけそうだななど判断しても良いかもしれません。

練習ついでにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

フリーランスエンジニアになったあと

フリーランスエンジニアになれば当然一人です。
悩みも出てくるでしょう。

そんな時は同じフリーランスエンジニアが集うコミュニティサイトに参加するのが良いです。人脈が作れ、様々な情報が共有できるので一石二鳥です。

今ではフリーランス向けのコミュニティサイトは多くありますが、

その中でもフリーランスエンジニアのためのオンラインサロンとして運営している「Pride」がおすすめです!

運営者は現役のフリーランスエンジニアで、その方達がフリーランスエンジニアのためだけに運営しています。

フリーランスエンジニアの悩みは同じフリーランスエンジニアに相談し解決するのが良いでしょう。

ぜひPrideに参加してみてください。

IT業界未経験からフリーランスエンジニアになるためのロードマップ

「フリーランスエンジニア」という言葉が持て囃されだした昨今ですが、エンジニアとしての経験がなくてもフリーランスエンジニアとして、業をなすことができるのでしょうか?

現役フリーランスの立場からお答えしたいと思います。

未経験からフリーランスエンジニアになれる?

結論から言っちゃいますが、「NO!」です。

実際に、未経験からフリーランスエンジニアとして契約した人がいるという話は、人づてに聞いたことがありますが、私は難しいと思います。

なぜ難しいかというと、開発ベンダーがフリーランスエンジニアを採用する基準としては、「即戦力」になるかどうかといった部分が大きいと思っています。

プログラマーであれば、開発で使用する言語、DBにどれくらい知識があるか、PMなどのレイヤーとして迎え入れるなら過去にプロジェクト管理をした経験があるかが大事になります。

なので、

「これからエンジニアとして頑張ろうと思っています!やる気はあるのでよろしくお願いします。」

といったスタンスでは難しいと思います。

でも、未経験からフリーランスエンジニアにはなれる!

未経験からでもフリーランスエンジニアになることは可能です。矛盾していると感じるかもしれませんが、プロセスを踏めばフリーランスエンジニアとして生計を立てていくことは可能です。

ベテランエンジニアだって、最初は未経験の状態からスタートします。なので、同じように未経験から会社員エンジニアなって、そこから「フリーランスエンジニア」としての道を歩めばいいと思います。

未経験→ フリーランスエンジニア は、難しい!

未経験 → 会社員エンジニア → フリーランスエンジニア は容易!

というのが、私の考えです。

未経験 → 会社員エンジニアは、実は意外と容易だったりします。私も中途未経験から会社員エンジニアになりました。特に理系で数的処理に強かったり、高学歴だったりしないわけですが、システム開発会社に就職できました。

システム開発業界の構造を説明すれば、なぜ容易なのか納得いくかと思います。

説明が長くなりそうなので、端的にいうと、

小規模のシステム開発会社は、 「エンジニア社員がいればいるほど、売上が上がる」ようになっているからです。(自社サービスや受託開発だけやっている会社は別です。)

なので、(SESメインでシステム開発業をしている)企業は常に人材を採用したがっているのです。

業務経験がちゃんとあるエンジニアは小規模の会社より、より待遇の良い会社への転職を選ぶので、小規模の会社は、エンジニアを採用するのが難しい傾向にあります。

そのため、小規模の会社は、未経験の採用へと流れていくわけです。

未経験のエンジニアを採用した場合、先輩社員がいるプロジェクトに一緒に入って、ただ同然で現場にアサインされるわけですが、数カ月現場経験を積めば、給与以上の単価で売れるわけです。なので、未経験を採用して最初こそ赤でも、後々確実に黒に持っていけるので、未経験でも採用できるのです。

それでも、未経験を採用するシステム開発会社があるといっても、ポテンシャルがないと企業は社員として雇用しません。それなりにPRするポイントが必要になります。

未経験からフリーランスエンジニアへのロードマップ公開!

お待たせしました。。。フリーランスエンジニアへのロードマップです!

Step1  職業訓練校で、プログラミングの勉強をする !

職業訓練は、国が技能習得の支援をしてくれる制度です。プログラミングコースがあるので、3カ月~最長1年みっちり勉強することができます。職業訓練を受けている間は、失業保険を待機期間を待たずに受給できたり、受給期間を延長できたりします。つまり、お金をもらいながら、技術習得できるわけです。

私は、3カ月職業訓練校に通いました。 同じクラスの人たちとワイワイしたりと割と楽しかったです。

でも正直いうと「自分はプログラマー向いてないなー」と思いつつ後半通ってましたし、 キャリアアドバイザーにも「君は、営業だったら推薦できる!」と言われたこともあり

「営業職にしようかなー」と考えたりしたわけです。

ですが、職業訓練の修了式の日、担当してくれた先生の最後の挨拶を聞いて、考えが180度ガラリと変わりました。

自分はバカだからできないって諦めているやつが、本当のバカだ!

その言葉を聞いた途端、自分に対して言われているような気になりました。

そして「自分はバカになる選択をしようとしている。」と思いました。

ちらっと評価シートを見ると、全て「A」評価をくれてました。

私は、 修了式の日の先生のスピーチと評価内容で

最終面接まで進んでいた営業職の選考を辞退し、エンジニアになることを決めました。

営業職を紹介してくれた転職エージェントの担当者さんは、かなりご立腹でした。すみません。

評価シートALL「A」評価

Step2  システム開発会社にエンジニア職で就職する!

中小のSESメインのシステム開発会社への就職をオススメします。大手のSIerは新卒メインのイメージがあります。また未経験の場合は、人材紹介会社を経由してのシステム開発会社への就職は難しいと思います。

なぜ難しいかというと、人材紹介会社は、採用した企業からコンサルティングフィーをもらいます。 理論年収の30%ほどになるので未経験でも100万程度、採用コストがかかってくるわけです。未経験を採用するのに、小規模の会社が100万払うかというと難しいところがあると思います。

職業訓練校の紹介・ハローワーク・自分で未経験採用している会社をネットで探すことをお勧めします。最近は、“Twitter転職”という手もあります。

私の場合は、職業訓練校で行われた企業説明会にきていた会社とご縁がありました。※リーマンショック絡みで色々あり現在は倒産してしまいましたが…

Step3  いくつかの現場で業務経験を積もう!

1つの現場で業務経歴を積んでいることも評価されますが、色々な環境で経験を積むことはフリーランスを検討している人にとって、とても大事な経験だと思います。

なぜなら、プロジェクトによって、カルチャーが全然違うんです。

・男性はスーツ着用・私服OK

・ソースコードレビューする・しない

・設計書を作成する・しない (特に詳細設計)

・遅刻に厳しい・フレックスOK・リモート可能

・開発に使うツールの違い

・専門用語の違い (Sier独自の用語・メールの書き方があったりする)

・テストの粒度・単体する・しない

1現場しか経験がないと、その現場のやり方を正として捉えてしまうので、フリーランスになって参画したプロジェクトで「こんなやり方おかしい!!!」と思うことが多々できてきます。

私も1現場に2年半いて、そのやり方に慣れてしまい何回か面を食らいました。お客さんによって、求めていることは違うんです。エンジニアとして 「 普通だったらこうするべき!」ではなく、フリーランスエンジニアはお客さんの求めていることを叶える努力をすべきだと思っています。

フリーランスになって一発目の案件は、「できるだけたくさん画面作ってくれ!」といった感じで品質は二の次でした。それまで、バグ出すと怒られるような現場にいたので、かなり衝撃でした。「フリーランスってこういうことかー」と思ったのと、画面に単価が決まっていて、その画面の機能を完成させて納品したらいくらという契約だったので、「時給換算するといくらかな?」みたいな時間効率を考えるところも鍛えられました。※出来高で精算する契約の案件はなかなかないと思います笑

とりあえず、「石の上にも三年いれば暖まる」というので、3年は会社員エンジニアを続けましょう!

Step4  さぁ、いよいよフリーランスエンジニアになろう!

まずは、会社に退職届を出します。

そして、個人事業主として開業手続きします。あれこれ事前に調べる必要はありません。Freeeの開業手順通り進めれば問題ありません。※アフィとかではなく、普通にオススメです!

次に案件探しですが、フリーランスエージェントに登録して参画するプロジェクトを探すのも手ではありますが、、

Prideってオンラインサロン知ってる?

フリーランスエンジニアのためのオンラインサロン”Pride”に入れば、

現役フリーランスエンジニアと知り合えます。

「○○っていうフリーランスエージェントさんがいいよ!」

といった話を実体験からアドバイスも可能ですし、

Prideメンバー自身で、HOTな案件情報を持っているので、

Prideメンバーから紹介してもらったプロジェクトに参画するのもオススメです!

来るもの拒まずなので、キャンプファイヤーコミュニティから是非ご参加ください!!!

あなたのご参加を心よりお待ちしています。

フリーランスエンジニアのためのオンラインサロン”Pride”への参加はこちらから