大学生がフリーランスエンジニアを目指すメリットとなる前に必ず準備するべき3つの事

今では学生フリーランス新卒フリーランスなどの言葉が出てきており、大学生のうちにフリーランスとして働くことや大学卒業後すぐにフリーランスになるケースがあります。

まだまだ事例としては少なく珍しい方ですが、今後選択肢としては入ってくる事は間違いないでしょう。

今回は大学生が大学生のうちにフリーランスエンジニアになるメリットとそのために気をつけるべき点を紹介します!

大学生がフリーランスエンジニアとして働くメリットは?

大学生でフリーランスエンジニアとして働く事はかなりメリットが大きいと思います。

いくつか挙げると

  • アルバイト以上に稼げる
  • スキルの向上
  • ビジネスを学べる
  • 将来の選択肢が広がる
  • 新卒でも高収入を得られる

などがあります。


大学生であってもフリーランスエンジニアという名を名乗れば1人のプロですので、それだけの責任はあります。
そうなればアルバイトより稼げるのは明白です。

アルバイトの時給の2倍3倍は目指せるでしょう。

また実際に世に出るWEBサービスなどのプロジェクトにも携われるので、ビジネス領域にも踏み込めます。

そして実績を積めばその分スキルも向上していくでしょう。

また卒業後にはフリーランスエンジニアという選択肢やあるいは起業という選択肢さえも増えます。

昨今ITエンジニアはどの企業も必要としており、特に若いエンジニアであれば尚更です。

豊富な実績があれば、新卒の平均月収である20万円はゆうに超える収入を得ることができるでしょう。

大学生だからこそフリーランスエンジニアに挑戦すればこれだけのメリットがあります。
今のうちにチャレンジしてみるのも良いのではないでしょうか。

大学生がフリーランスエンジニアなる前に必ず準備するべきこと

学生生活との両立で時間が限られ、社会人のフリーランスエンジニアより知識や実績で劣る大学生フリーランスエンジニアになるには、しっかりとした準備が必要です。

またフリーランスエンジニアとして働くだけの知識や技術は当然必要で、誰でもなれる訳ではないので勘違いは禁物です。

そこで、知識や技術の習得は前提としてその他に準備しておく事を紹介します!

案件を獲得できる環境を整える

せっかくフリーランスエンジニアになろうと思っても案件がなければ意味がありません。
また技術を習得していく上で案件情報を参考に進めるのは良いでしょう。

この2つの意味で案件を獲得できる環境を準備しておく事が必要です。

ただ実績がないのに、いきなり企業に交渉やフリーランスエージェントを使うのは難しいでしょう。

そこで、おすすめはクラウドソーシングサイトです。

クラウドソーシングとなると単価の低いものも多くなりますが、まずは実績を重視し多くの案件に携わりステップアップしていくのが良いです。

またクラウドソーシングの方が比較的大学生でも案件を請けやすいです。

1年間分のスケジュール

2つ目は、スケジュール管理です。

大学生なのですから、勉強もしないと卒業できません。
ただフリーランスエンジニアとして案件を請けたのであれば、納期は必ず守らなければなりません。

これはどちらも重要です。

きちんと卒業するための単位をとりつつフリーランスエンジニアとして経験を積むためには、できればざっくりでも良いので1年間分のスケジュールは準備しておくべきでしょう。

1年間分であれば授業や試験はいつなのか試験勉強はいつから始めるのかなど学生側のスケジュールはある程度明確なので、それをベースに案件の獲得すべきタイミングやどれくらいの期間の案件であれば請けられるのかなど想定をしてスケジュールを立てることができます。

どちらかが疎かになればもう片方も疎かになりかねません。

両方をきっちりこなす為にもスケジュール管理は重要です。

人脈を形成できる環境

最後は人脈を作れる環境を整えることです。

技術面で分からない時、調べれば出てくるかもしれないですが直接教えてもらえる方が分かりやすいです。

またフリーランスエンジニアとしての悩みも出てくるでしょう。

そんな時に人脈があれば解決できます。

ただ大学生でフリーランスエンジニアになっている人はまだまだ少ないので、自身の身近で形成していくのは難しいでしょう。

であれば今ではコミュニティサイトが多くあるのでそれに参加して、人脈を作るのが良いです。

人脈を作ることはその時だけでなくフリーランスエンジニアの将来を考えても大きなの武器になります。

もちろん大学生に限らずですがフリーランスエンジニアになるのであれば、早めに人脈を形成できる環境に身を置きましょう。

フリーランスエンジニアにおすすめのコミュニティサイトは?

フリーランスエンジニアとして人脈を形成するにはコミュニティサイトがおすすめでしょう。

交流イベントへの参加という選択もありますが、これだけIT社会になっているのであれば、まずはSNSやサービスなどでサクッとつながれる方が効率的です。

ただフリーランスエンジニア向けのコミュニティサイトといっても今では多くあります。
例えば職種関係なくフリーランス全体に向けたものフリーランスデザイナー専門のものなど多岐に渡ります。

その中でフリーランスエンジニアのためだけに運営しているコミュニティサイトがあります。

それはフリーランスエンジニアのためのオンラインサロン「Prideです。

フリーランスエンジニアの悩みはフリーランスエンジニアに聞くのが1番です。
であればフリーランスエンジニア専門で運営しているコミュニティサイトが1番ベストでしょう。

また運営会社は現役フリーランスエンジニアだけで構成されています。フリーランスエンジニアについて聞くのであればもってこいの環境です。

気になる方は是非Prideに参加してみて下さい。

Prideの活動内容

Prideではフリーランスエンジニア同士の情報共有や相談はもちろんそれ以外にも様々な活動を行っています。

  • 非公開のDiscord及びLineグループに招待します。
  • オフライン交流会 ※月1開催
  • オフライン勉強会 ※月1開催
  • Prideメンバーズカードをお届け ※参加して2か月目以降に1回
  • Pride名刺をお届け ※参加して3カ月目以降に1回
  • 夏にはキャンプ!冬にはスキーorスノーボード合宿!
  • PrideのYouTubeチャンネルへの出演権をご提供 ※希望者のみ

大学生のフリーランスエンジニアのみなさんもぜひ参加お待ちしています!

フリーランスエンジニアに年齢制限はあるのか?一生フリーランスエンジニアであるために準備すること4選

これからフリーランスエンジニアになる人や今フリーランスエンジニアの人もいつまでフリーランスエンジニアとして働けるのか?というのは悩みの種だと思います。

実際50歳以上のフリーランスエンジニアから「エージェントから案件を紹介してもらえなくなった」というお話をよく聞きますし、50歳以上は難しいというプロジェクト現場もあるようです。

今後は70歳定年ITエンジニア人口不足問題などにより、年齢の許容範囲が上がることは間違いないとは思いますが、それに甘えていては働ける現場が限られていくでしょう。

今のうちにしっかり準備しておく必要があります

また正社員に比べて支給される年金が少ないので長く働ける環境を築いていかなければなりません。

本記事では年齢に関係なく働けるフリーランスエンジニアになるために準備すべきことを紹介していきます。

トレンドのキャッチアップ

まず一つ目はトレンドのキャッチアップです。

これはIT技術の最新情報というわけではなく、流行りを意味します。
IT業界、特にWEB業界では、常にブラッシュアップしていくのが当たり前です。

またブラッシュアップと同時に他でやっていないことを一早く考えリリースまでしなければ競争に勝てません。

そんな業界であれば、流行や今時のWEBサービスなど常にアンテナを張っておく必要があるでしょう。

特にフリーランスエンジニアの場合、あらゆる現場に行く事を想定して正社員以上にアンテナを張っておく必要があります

最新技術の勉強

IT業界は、新しい開発ツールの誕生やプログラミング言語のバージョンアップなど進化の激しい業界です。

そのため常に勉強をしていく必要があります。これはフリーランスエンジニアに関わらず必要な事です。

ただフリーランスエンジニアの場合、自身で案件を獲得しなければならないため特に重要だと思います。

50歳以上で案件がないと言っているフリーランスエンジニアの特徴は、昔習得した言語にしがみついているからという印象があります。

50歳以上が難しい現場が多いとはいえ、ITエンジニア不足の世の中で案件がないはずがありません。

つまり案件が有るか無いかの差は、世の中で必要とらせている言語のニーズに自身のスキルがマッチしているかどうかの差だと思います。

そしてこれは、常に最新技術を学んできたかどうかの差です。

C系の言語にいつまでも頼るのではなく、人気があるけどまだまだ人の少ないpythonや人気急上昇中のGo言語やtypescriptなどを習得し案件獲得を目指すべきです。

これは若い頃から習慣化させておくに越したことはないので、今からでも常に学習の習慣をつけましょう。

また、年齢が高いからと言って勉強ができないわけではないので、年齢関係なく行いましょう。

フリーランスエンジニアは自身の腕のみで生きていかなければならないので、常に磨き続けましょう!

手を動かし続ける

年齢を重ねるとPMOやPMになりたいフリーランスエンジニアが多く出てくる傾向にあります。これは経験も実績もあるので当然だとは思いますし、それが自身の希望であればなるべきでしょう。

しかし、PMOやPMになってもなるべく現場で手を動かす方が良いです。
30〜40代の頃はPMになれたとしても50代60代と歳を重ねるごとにそれは難しくなります

それは基本的にWEBサービスやゲームなどは、若年層向けにリリースされることの方が多いからです。

経験・実績が豊富でターゲット層に近い年齢の人をリーダーにする事は至極当然でしょう。

では、リーダーになり手を動かさない現場を経て再び手を動かすプログラマーやエンジニアに戻った時、すぐに順応出来るでしょうか?

やはり期間が空く分衰えるでしょう。常に勉強していたとしても実践と勉強では訳が違います。

また経歴書やスキルシートに手を動かしていない期間がある事は、不安材料でしかありません。


IT業界では、
手を動かす→リーダー→手を動かすみたいな流れで職種が動く傾向にあります。

だからといってリーダーになった時に手を止めるのではなく、動かし続け衰えない状態にする必要があります。

人脈の形成

人脈の形成も非常に重要です。
今50歳以上のフリーランスエンジニアで案件を紹介してくれなくなったと言っている人の殆どがフリーランスエージェントに案件紹介を依頼しています。

フリーランスエージェントは年齢が低めの提案しやすい人に積極的に案件を紹介するケースが多いです。
エージェント事業というビジネスなのでそれは仕方がない事でしょう。

なのでいつまでもエージェントに頼ってばかりではいけません。
最初はエージェントにお願いするにしてもいずれは人脈で紹介される環境を作るべきです。

それがこの先ずっとフリーランスエンジニアとして生き残るには重要でしょう。

人脈を形成するために参加するべきコミュニティサイト

年齢に関係なくフリーランスエンジニアとして生きていくために人脈を形成すべきであると最後にお伝えしましたが、それに最適なコミュニティサイトがあります。

それはフリーランスエンジニアのためのオンラインサロン「Pirde」です。

このPrideは、つかず離れずずっと生き残れるフリーランスエンジニア集団を築き上げるために現役のフリーランスエンジニアがフリーランスエンジニアのために運営しているオンラインサロンです。
同じフリーランスエンジニアのつながりを形成し、安定したフリーランス人生を歩むことを目的としています。

ぜひ参加しフリーランスエンジニアとして年齢関係なく働ける環境を作っていきましょう!

フリーランスエンジニアがエージェントを利用するメリットとデメリット

フリーランスエンジニアになると正社員の頃のようにどこからともなく仕事がやって来るわけではありません。

そのため様々な方法で案件・仕事を獲得していく必要があります。

今では案件を探すためにネットで検索すると多くのフリーランスエージェントのサイトが出てきますが、

果たしてこのフリーランスエージェントに案件・仕事の獲得を依頼するのはどうなのでしょうか?

エージェントを活用するメリットとデメリットを元に紹介します!

フリーランスエージェントを活用するメリットは一つ

そのメリットは

案件を紹介してもらえる可能性が増える

これにつきます。エージェント会社さんは、多数のシステム開発を行う企業と提携しており、かなりの案件数を有しています。

メリットは一つだけなのか?

よくフリーランスエージェントのメリットとして、

  • サポート体制がある
  • たくさんの案件を紹介してくれる
  • 交渉をしてくれる

などを見る事が多いです。

フリーランスエージェントは、フリーランスエンジニアに対し案件を探してきて紹介して、収益を得る仕事です。(商流としては、エージェントがフリーランスの上位の会社として入ります。)

おそらくエージェント会社で営業目標が出るでしょう。

その営業目標は、収益だったり働くフリーランスエンジニアの人数だったりします。

そのためエージェントは働いてくれるフリーランスエンジニアを増やす努力をします。

そうなるとフリーランス1人対してのサポート体制が整わないことも考えられます。

また、働いてくれるフリーランスエンジニアが増えれば増えるほどサポートが疎かになる事もあるかもしれません。

なのでサポート体制は形上にはあるが、サポートしきれない部分も出てくるとこでしょう。

フリーランスエージェントを利用するデメリット

一番大きなデメリットは、マージンが発生するという点です。

案件の紹介を依頼してもらっているので仕方がないことかもしれませんが、稼働している間中、毎月発生するのは好ましくないです。

10万円のマージンが発生すると年間で120万円がマージンとして抜かれています

フリーランスエンジニアが案件を獲得するには何がベスト?

やはり落ち着くのは人脈からの紹介でしょう。

人脈など横のつながりでの紹介であれば、マージンは発生しません。

またフリーランスエージェントの方が案件情報をたくさん持っているのは確かですが、人脈が多ければその分紹介される確率も高まるのでその問題も解消されます。

そして同じフリーランスエンジニアに紹介してもらうことができれば、現場の情報も詳細に聞くことができるので、フリーランスエージェントからもらう案件情報に比べより詳細かつ信ぴょう性の高い情報になります。

これらを考えればフリーランスエージェントよりフリーランスエンジニアの人脈から紹介される環境を作ることが最善と言えます。

フリーランスエンジニアがフリーランスエンジニアの人脈を作るためには?

今ではコミュニティサイトが多くありますのでそれに登録し、コミュニティに参加するのがベストだと思います!

その中でもフリーランスエンジニアのみが集まるPrideというコミュニティサイトがあります。

Prideは現役フリーランスエンジニアがフリーランスエンジニアのために運営しているオンラインサロンなので同じ環境の人が集まっています。

コミュニティサイトであれば案件の情報を共有してもらえるだけでなく、その他の悩みも相談することができます。

フリーランスエージェントのように案件を紹介してもらうために時間をかけるよりも多くのメリットがあります。

そんなPrideにぜひ参加してみてはいかがでしょうか?