フリーランスエンジニアが獲得すべき案件3ヶ条

フリーランスエンジニアになると案件は自ら獲得する必要があります。

そこでフリーランスエンジニアが案件獲得において必ず選ぶべき案件のポイントを紹介します!!

そのポイントは、

とにかく商流の浅い案件を選べ

ステップアップできる案件を選べ

人脈で得られる案件を優先しろ

たった3つであなたのフリーランスエンジニアライフはより良いものとなるでしょう!!

ではなぜこの3つなのか詳しく説明します。

商流の浅い案件を選ぶべき理由

商流が浅い=案件単価(報酬)が高い

これに尽きます。

スキルアップで報酬を上げていく事はもちろん大事ですが、そもそも商流が深ければ最大限の報酬を得られません。

もし今仮に参画中の企業と自身との間に1社企業を挟んでいるとしましょう。

そこに10万円のマージン(中抜き)が発生していれば、年間120万円が失われています。

それが2社であれば、240万円です。

ここまでくればお分かりでしょう。

増えれば増えるほどフリーランスエンジニアの報酬は減ります

現在フリーランスエンジニア専門のエージェント企業から案件を紹介してもらっているのであれば、今すぐにとまでは言いませんが近い将来見直すべきでしょう。

ステップアップできる案件を選ぶべき理由

フリーランスエンジニアになると勉強をしなければならない。というイメージがあるのではないでしょうか?

これは事実です

正社員であっても勉強するべきですが、フリーランスエンジニアはプロという立ち位置になるのでより必要となるでしょう。

ただ、この勉強だけでは学べない事があります。

それは実戦経験です!

フリーランスエンジニアにはこの実践経験が重要でそれを経験できる案件を選択するべきです。

プロジェクトのPDCA全てを経験できる。

これが、私の考えるステップアップできる案件です。

ではなぜ実戦経験を積める案件が重要なのか?

それは、デジタルトランスフォーメーション(DX)が今提唱されているからです。

デジタルトランスフォーメーションとフリーランスエンジニア

簡単にデジタルトランスフォーメーション(以降DX)を説明すると、デジタル化です。

このデジタル化にはシステムもそうですし、ビジネスなども含まれます。

このDXの項目として

・ブラックボックス化しているレガシーなシステムの変革

・ビジネス変化への対応

これらが挙げられます。

ITエンジニア人口が減っている現在、フリーランスエンジニアの需要は益々増えていくでしょう。

この時にPDCAの「Do」ばかりひたすらやっているようなフリーランスエンジニアがこのDXに対応できるでしょうか?

手を動かすだけでなく頭を使う事が今後生き残っていく上で重要です。

また幸いな事にフリーランスエンジニアは、正社員エンジニアに比べて様々な業界やプロジェクト先で経験を積みやすい環境です。

あらゆる環境のプロジェクトのPDCAを経験する事は、エンジニアとしてではなくフリーランスエンジニアとして大きな糧になるでしょう。

しかし、まだまだDoだけを求める現場が多くあります。

だから、ポイントとして私はこのステップアップできる案件を選ぶということを入れて伝えているのです。

人脈で紹介された案件を優先すべき理由

これは一つ目の「とにかく商流の浅い案件を選べ」に似ていますが、

人脈から紹介される案件を優先すべき理由は、

プロジェクトを抱える企業と直接契約できる可能性が高いからです。

プロジェクトを抱える企業と直接契約をするメリットは前述で説明しているのでお分かりだと思います。

また上記の理由に加え、

紹介に応える事で継続的に紹介してくれる可能性が高まるからです。

これが優先すべき理由です。

優先する上で気をつける事

ただもちろん全てを受け入れろと言うわけではありません。

その中で意識する点は3つです。

キャパオーバーになる二歩手前でやめておく

プロ意識をもつ

たまには断ってみる

キャパオーバーになってしまうと、仕事が疎かになるばかりで本末転倒です。

そうなると次の紹介が途絶える結果になっても仕方ありません。

だからキャパオーバーになる前に受け入れるのはやめるべきですが、理想はその二歩手前くらいで止めるべきです。

エンジニアという職種上、システムのバグやトラブルはつきものです。

キャパオーバーギリギリでこれが起こってしまった時、対応が難しくなるでしょう。

こうならないためにも二歩手前くらいが理想なのです。

また受け入れた方が良いからと言って安い単価の案件まで受け入れる必要はありません

フリーランスエンジニアはプロなのですから、それに見合わない案件は断るべきです。

これは至極当然で、プロが自信を安売りする必要はどこにも無いのです。

最後は一つの手法にはなるのですが、たまには断るのも良いかもしれませんね。

断る=忙しい?=仕事を沢山受けている?=出来る人?

と連想させる事ができるからです。

これは一つのテクニックなので、休養を取る意味でも使ってみてはいかがでしょうか?

3ヶ条を効率よく目指すには

ここまで3ヶ条の理由を説明してきましたが、これを実現するにはどうすれば良いのでしょうか?

1番効率的なのは、

コミュニティサイトです!

つまり人脈です。

人脈からの紹介であれば、プロジェクトを抱える企業を紹介されやすいです。

さらに、その企業のプロジェクト体制も聞くことができます。

そして、このような横の繋がりがどんどん増えてきます。

オススメはPride

Prideフリーランスエンジニアのためのオンラインサロンです。

いわばコミュニティサイトです。

フリーランスのコミュニティサイトは多くありますが、フリーランスと言っても営業やコンサルなど職種は様々です。

フリーランスエンジニアの悩みはフリーランスエンジニアにしか分からないでしょう。

その点Prideでは、フリーランスエンジニアのためという事なので、同じフリーランスエンジニアと繋がる最適な環境であると言えます。

ぜひこのPrideに参加しましょう。

Prideの活動内容

Prideではフリーランスエンジニア同士の情報共有や相談はもちろんそれ以外にも様々な活動を行っています。

・非公開のDiscord及びLineグループに招待します。
・オフライン交流会 ※月1開催
・オフライン勉強会 ※月1開催
・Prideメンバーズカードをお届け ※参加して2か月目以降に1回
・Pride名刺をお届け ※参加して3カ月目以降に1回
・夏にはキャンプ!冬にはスキーorスノーボード合宿!
・PrideのYouTubeチャンネルへの出演権をご提供 ※希望者のみ

フリーランスエンジニアのみなさんお待ちしています!

意外と低い!フリーランスエンジニアの平均年収

フリーランスエンジニアになると稼げるというイメージを持つ方も多いと思います。

たしかにこれは殆ど事実だと思います。

しかし、フリーランスエンジニアの「年収」という点で見ると意外と低い傾向にあります。

稼げるのに年収は低い??

矛盾しているように感じますが、そうなのです!
ではなぜなのか?解説していきます。

売上と年収の違い

稼げるのに年収が低い理由は、売上と年収の違いにあります。

それぞれざっくり説明すると

売上とは、受注金額(契約している企業からの自身への支払い)を指します。
年収(収入)とは、受注金額から経費を引いた額を指します。

つまり売上がどれだけ高くても経費が大量にあれば、年収は低くなるという計算になります。

そしてフリーランスエンジニアは、年収を下げる為に経費に出来るものは全て経費にしています。

それは

所得税に影響が出るからです!!

だから、フリーランスエンジニアは年収が低い傾向にあるのです。

正社員エンジニアであれば特に意識はしなかったですが、フリーランスエンジニアになればこの売上と年収はしっかり把握しておきましょう。

プログラミング言語別、年収の相場

先程「年収=売上-経費」と説明した通り、人によって経費の額は違うので一概に年収の相場を出すことはできません。

ですのでフリーランスエンジニアの経費率(経費/収入*100)の相場である40%を経費率とし、フリーランスエンジニア向け案件の売上(単価)相場を元にプログラミング言語別で平均年収を出してみます。

人気のプログラミング言語の結果はこのようになっています。

※独自調査(2019年にWeb上に掲載されたフリーランスエンジニア向けの案件を元に集計しています。)

言語単価平均(月額)年間売上年間経費(40%)年収
JavaScript600,0007,200,0002,880,0004,320,000
Python670,0008,040,0003,216,0004,824,000
Java470,0005,640,0002,256,0003,384,000
PHP600,0007,200,0002,880,0004,320,000
C#580,0006,960,0002,784,0004,176,000
C++590,0007,080,0002,832,0004,248,000
C言語560,0006,720,0002,688,0004,032,000
Ruby650,0007,800,0003,120,0004,680,000
Go言語680,0008,160,0003,264,0004,896,000
COBOL530,0006,360,0002,544,0003,816,000
Kotlin760,0009,120,0003,648,0005,472,000
Swift670,0008,040,0003,216,0004,824,000

※単位(円)

おそらくプログラミング言語別平均年収というタイトルで掲載されている記事の年収と比べると低くなっていると思います。

ただ売上をみるとフリーランスエンジニアということもあって高い傾向にあることが分かりますね。

年収を高くしたいのであれば経費を削減することも一つの手ですので、まずは削減を心がけていきましょう。

ただそうなると所得税にも影響してくるので、本当にその経費は削減すべきかどうかは慎重に考えた方が良いのかなと個人的には思います。

逆に所得税を減らすために経費を計上しすぎるのも税務署に怪しまれる原因になりますので、経費率というものは意識しましょう。

フリーランスエンジニアが経費削減以外に年収を上げるためには?

これまでの説明で分かるようにフリーランスエンジニアが年収を上げるには、経費を削減することは一つの方法です。

それ以外の方法としては、受注金額(売上)を上げる方法しかないでしょう。

ではフリーランスエンジニアが売上を上げていくにはどうするのが良いのでしょうか?

結論一番効率的なのは、エンド企業などプロジェクトを抱えている企業と直接契約することです。

もちろん自身のスキルアップによって報酬の高い案件を受注し、上げることは可能ですが100%上がる保証もなければゲームのように簡単にレベルがアップするわけではありません。

もちろん将来を考えればスキルアップで売上を上げることは重要なので、継続的な勉強は行うべきです。

フリーランスエンジニアがエンド企業と直接契約するためには?

現状フリーランスエンジニアとエンド企業が直接マッチングされるようなWebサービスはない(あったとしても何かしら手数料が取られています)ので人脈や過去の現場に頼らざるを得ません。

しかしそれでは、案件が尽きてしまう可能性がありますし、継続的にもらえる可能性も低いです。

そこで重要なのがコミュニティサイトです。フリーランスエンジニアの横のつながりが出来、案件の情報など共有ができます。

年収を上げる方法として、コミュニティサイトはぜひ参加しましょう。

フリーランスエンジニアのためのオンラインサロンPrideとは?

Prideは社員全員が現役フリーランスエンジニアのIndependentPartners合同会社が運営しています。

Prideの活動内容はこのようになっています。

・非公開のDiscord及びLineグループに招待します。
・オフライン交流会 ※月1開催
・オフライン勉強会 ※月1開催
・Prideメンバーズカードをお届け ※参加して2か月目以降に1回
・Pride名刺をお届け ※参加して3カ月目以降に1回
・夏にはキャンプ!冬にはスキーorスノーボード合宿!
・PrideのYouTubeチャンネルへの出演権をご提供 ※希望者のみ

フリーランスエンジニアどうしのコミュニティの場としてまずは参加してみてください。

フリーランスエンジニアならではの技術的な悩みや案件の情報共有なども行っています。

フリーランスエンジニアのためのオンラインサロンがオープン!

フリーランスエンジニアのためのオンラインサロン”Pride”がこの度開設いたしました。 フリーランスエンジニアとして、活動しやすい環境を作っていくことがこのオンラインサロンの使命です。 オフラインで仲良くなったら、案件の紹介をお互いにしあう、作りたいシステムを一緒に作るそういったことを実現するコミュニティです。

フリーランスになることを検討中のエンジニアの方もご参加ください。あなたのご参加を心よりお待ちしております。

Prideオンラインサロンについて、さらに詳しく

Prideはフリーランスエンジニアのためのコミュニティです。
フリーランスになると相談できずに一人で悩む機会が増えることも…

このコミュニティでは、全員がフリーランスエンジニアです。
あなたの悩みを共有できる仲間がたくさんいます。

こういったことを気軽に相談できるコミュニティです!

Prideという名前の由来について

百獣の王、ライオンもグループで行動することを知っていますか?
厳しいサバンナの中でもライオンが絶滅しなかった理由として、グループを形成して行動することが挙げられます。
そのライオンの形成するグループを”Pride”(プライド)と呼びます。

フリーランスエンジニアもライオンと一緒で、一人で行動していると仕事ができても生き残れないものも出てきます。
私たちフリーランスもライオンを見習ってPride(プライド)を形成して、生き残れる体制を作るべきではないか?
私たちは、そう考え”Pride”という名称にしました。

つかず離れず、ずっと生き残れるフリーランスエンジニア集団「Pride」に所属してあなたも安定したフリーランス人生を歩みませんか?
仲間がいるからこそ、できることは無限大に拡がります!

Prideの活動内容

・非公開のDiscord及びLineグループに招待します。
・オフライン交流会 ※月1開催
・オフライン勉強会 ※月1開催
・Prideメンバーズカードをお届け ※参加して2か月目以降に1回
・Pride名刺をお届け ※参加して3カ月目以降に1回
・夏にはキャンプ!冬にはスキーorスノーボード合宿!
・PrideのYouTubeチャンネルへの出演権をご提供 ※希望者のみ

IndependentPartners合同会社が運営しています。

社員全員が現役フリーランスエンジニアです。

このコミュニティを実現するために、フリーランスエンジニアが出資しあって設立した会社です。


あえて法人化する必要はありませんでしたが、責任を持って当コミュニティを運営をしたいという気持ちから法人化して運営しています。

安心してご参加ください!