私がフリーランスエンジニア向けコミュニティを始めた3つの理由

タイトルに3つといれましたが、3つないです(笑)

不安と孤独で開始したフリーランス生活

フリーランスエンジニア向けコミュニティを始めた理由は、私がフリーランスエンジニアになって一番最初に感じたのが孤独だったからです。個人事業主を選択する人は個人主義で周りとの繋がりを求めないようなイメージがありますが実際にはそんなことはありません。一人で悩んだり一人で判断することが多くなり、その選択がベストな方向なのかどうか悩んだりする時期もあります。もちろん何でも一人で出来てしまうスーパーマンもいると思います。そういった方たちでも「本当にこのままでいいのだろうか?」といったような不安を感じるタイミングはあると思います。

私以外にもそういった悩みを抱えているフリーランスエンジニアがたくさんいて、本音を言えたり、利害関係なく相談しあえる横のつながりが欲しいと思っているはずだと考えました。

オンラインサロンとしてスタートしたコミュニティ

じゃあ、どうやってそういった横のつながりを実現させていこうか?そう考えた時、当時流行りだしていたオンラインサロンという形式を取ろうと思いました。そしてオンラインサロンとして当コミュニティはスタートしたのですが、オンラインサロンはどちらかと言うと「何かを教えてもらう」「享受する」と言った意味合いが強いものと時代と共になってしまいましたので、コンセプトとズレてきたと思い「コミュニティ」に名称変更したという経緯があります。

コミュニティは意味あるの?

実際コミュニティに入っていると毎日のように連絡したりはしません。「じゃあそれってコミュニティに入ってる意味あるの?」と思われるかもしれませんが、

コミュニティに入ってるというのは一つの安心感につながります。

もちろん何もしなくて安心感につながってるわけではありません 。月に一回でも会って、飲んだり一緒にキャンプやスノーボードなどのアクティビティに出かけることによって、コミュニティメンバーとの関係性を深めていくのです。

参加するビジネスメリット

そこで関係性ができると次のステップに進めます。それが一緒に仕事をするという選択肢です。個人事業主として仕事をしているとお仕事の話が入ってくる時があります。そんな時にコミュニティ内のメンバーに声をかけ仕事を紹介し合えるという仕組みができるわけです。そして実際にもっと関係性が深まると、一緒に会社を作ったり、出資しあったりといったことができるわけです。もちろんフリーランスエンジニアなので「投資に対する興味」や「出資に対する興味」「新しいものに対する興味」が多分にあります。それに加え投資や出資に回せるお金を持っているわけです。

もう一つのメリットとしては優良な情報を共有し合えるという点です。例えば深い商流でしか仕事を受けられないフリーランスエンジニア(Aさん)がいたとしましょう。そしてコミュニティ内にエンド直でお仕事をもらっているフリーランスエンジニア(Eさん)がいたとしましょう。Eさんは、商流が深いエンジニアAさんに対してクライアントを紹介できます。もちろん商流が浅くなるので、その分、受注単価が高くなる可能性は高いでしょう。そして、そのお客さんを紹介したエンジニアEさんに関しては、情報提供料としてAさんから、いくらかもらえばお互いにとって、win-win な関係性が出来上がるわけです。

ただそういった仕事のやり取りは関係性ができていないと難しい面があります。「こいつ飛んだりしないかな?」「俺の顔に泥を塗らないかな?」そういった心配をするわけです。でもコミュニティ内でその人との関係性が出来ていると紹介された側は、絶対に飛んだりしません。そして、もし紹介した人が無事、案件にマッチした場合は、「いいエンジニアを紹介してくれてありがとう」とクライアントから感謝されることもあるかもしれません。

もちろん、仕事だけじゃないよ!合う人には合う!

今まだ5人程度でコミュニティメンバーは増えていませんが、一緒に会社を作ったりコミュニティメンバーを結婚式に呼んだり、キャンプに行ったり、スノーボードに行ったり、好きなアニメの映画を見に行ったりといったことが行われています。

多分おそらくですがこのコミュニティを始めてなかったら、もしフリーランスの横のつながりがなかったら、もしかすると会社員という道にまた戻っていた可能性もあると思います。それくらい私にとっては 大事な心の支えになっています。

コミュニティメンバーで毎月交流会をすることになっていますが、毎回同じメンバー5人だと物足りないので色々ゲストをお呼びしています。フリーランスエンジニアだけではなく普通の会社員エンジニアの方やSES営業の方、会社の経営者などが参加しています。フリーランスではなくてもエンジニアやこれからエンジニア転職を考えている方であれば、遊びに来て頂いて構いません。Twitter でダイレクトメッセージを送っていただければ、ご返信します!

それでは皆様との素敵な出会いを心より楽しみにしております 。アデゥー!