週3稼働のフリーランスエンジニアになるために…

フリーランスエンジニアでなくても週3稼働は憧れる働き方だと思います。

そしてフリーランスエンジニアであれば週3稼働を実現しやすい環境にあるのではないでしょうか?

今回は

  • 週3稼働でもしっかり稼ぎたいフリーランスエンジニア
  • 単価は気にしないからさくっと週3稼働へ移行したいフリーランスエンジニア

の2パターン向けに週3稼働を実現する方法を紹介します!

週3稼働でもしっかり稼げるフリーランスエンジニアになるためには

週3稼働になれば単価は下がる

ほとんどの場合そうでしょう。
だからと言って週3稼働は全て週5稼働に比べて稼げないと言うわけではありません。

ではその方法を紹介します。

リモートや在宅OKで成果主義派の案件へ参画

成果主義の社風がある会社であれば、5日間掛かると想定しているものが5日間で完成すれば問題ないと判断されるケースが多いでしょう。

つまり5日間掛かると想定されているものを3日間でやってしまえば良いだけです。

ただエージェント経由などで準委任契約として案件に参画している場合、稼働時間に対して報酬が支払われるケースがほとんどです。

そのためリモートや在宅という条件も必要になります。

このように成果物で判断する成果主義派の会社で、稼働時間を把握しにくいリモートや在宅という働き方であれば、週3稼働であっても週5と同じくらい稼げるフリーランスエンジニアになることができます。

エージェントを活用

自身のスキル領域を把握している人脈からの紹介の方が、週3の案件に参画するにはスムーズでしょう。

しかし週3自体の案件が少ない現状で、タイミングよく紹介される可能性は低いです。

であれば案件を多く抱えているエージェントに頼るのが良いでしょう。

数百と案件を抱えているエージェントがほとんどですので、その中には週3で稼げる案件もあるでしょう。

週2や週3の案件をメインとするエージェントもあります。そして実際に単価を見ると高額なものもあります。

週3でも稼ぎたいフリーランスエンジニアはエージェントを活用することも検討してみてはいかがでしょうか。

本業以外で稼ぐ

週3稼働の案件は、どうしても単価が下がるケースが多いです。そして高単価な場合、かなりの能力を求められます。

であればその中から高単価な案件をひたすら探すとか過度な期待を背負うなど面倒な事はやめて、潔く週3案件の相場に合う単価の案件へ参画し、本業とは別で稼ぐという方法もあります。

  • ブログなどでの広告収入
  • 教材販売

など稼ぐ方法は様々あります。
収益化までの時間はかかりますが、ある程度仕組みを作れば動かずとも入ってくる収入を得る事ができます。

そうなれば週3稼働で稼げるフリーランスエンジニアになる事ができます。

単価は気にせずさくっと週3のフリーランスエンジニアになるためには

単価よりも趣味や自身の事業を優先したいフリーランスエンジニアも多いと思います。むしろそれをするためにフリーランスエンジニアになった方もいるでしょう。

そのような方はなるべく早めに週3で稼働できるのが理想だと思います。
ではその方法を紹介します。

エージェントの活用

エージェントは案件のDBのようなものです。やはり週3の案件を探すのであればエージェントを活用するのが一番でしょう。

週3をメインに扱っているエージェントもいるのでそこを活用すれば早く週3の案件を獲得できるかもしれません。

クラウドソーシング系サービスを活用

週3と明確に決まっている案件は少ないかもしれませんが、週3稼働になるよう自身でコントロールし受注することができます。単発の案件が多いので柔軟に対応できるでしょう。

少し時間ができもう少し稼働を増やし収入を上げるという方法も取れるので、たまには週4ペースで稼働して収入を増やしたり、逆に時間が取れないので週2ペースで稼働できる量の案件を受注することもできます。

週3で働きたいフリーランスエンジニアにとっては使い勝手の良いサービスです。

副業系マッチングプラットフォームの活用

副業に特化した案件が掲載されているプラットフォームもあります。そのようなサービスを活用することも一つの手でしょう。

副業に特化しているので、殆どが週5ではない求人が掲載されています。

週3で働きたいフリーランスエンジニアにとってはベストな案件を見つけやすいでしょう。

まとめ

週3稼働は非常に理想的な働き方です。しかしそれにより単価が減ってしまうケースが多いというデメリットはあるでしょう。

それでも技術があれば単価が減ることなく稼働することもできますし、単価が減ってもその他のことへ時間を割くことができます。

ぜひ今回紹介した方法で週3という理想な働き方を実現させてみてください!

フリーランスエンジニアにおすすめのコミュニティサイト

また週3案件をみつけるために人脈経由という方法もあります。
そのためには同じフリーランスエンジニアの人脈を作ることが良いでしょう。

そして同じフリーランスエンジニアが集まるコミュニティサイトがあります。

それはフリーランスエンジニアのためのオンラインサロン「Pride」です!

ぜひ参加してみてください!理想的な働き方を求めるフリーランスエンジニアの皆さんお待ちしております。